<< コケコケ… | main | 復活!ひれひれ君 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
TREview
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

さようなら、ペタ君

おはようございます
いつも当ブログをご訪問いただいている皆様にご報告しなければいけないことがあります

私がベタを飼うきっかけにもなり、私自身にもとても懐いてくれていつも私を癒してくれたトラベタのペタ君が、去る3月13日、お☆さまになってしまいました


ペタ君の調子が悪くなってきたのが前日の夜のこと
仕事から帰ってきてベタsにエサをあげようとのぞき込んだところ、ペタ君は水草の上に横たわり、苦しげにしていました
嫌な予感がしましたが、一粒だけエサを目の前に落としてあげて様子を見ることにしました
しかしペタ君はその一粒のエサすら口にすることはありませんでした
朝、エサをあげたときは元気にパクパクと食べていたのに...

寝る前にも何度も何度も水槽をのぞき込みましたが、ペタ君の様子は変わらず...
不安を抱えたまま眠りましたが満足に眠れるはずもありません
翌朝目覚まし時計よりも早く目覚めるとすぐにペタ君の水槽を確認
まだ生きていてくれました
でも苦しげな様子は変わらず...
というよりもむしろようやく命を繋いでいる。という感じ
もしも...もしものことを考えて一緒に入れていたカノコガイsを隔離
水位を少し下げてあげて、ペタ君が息継ぎしやすいようにしてみましたが今水底で苦しげにしているペタ君が水面に上がることができるんだろうか?
不安なまま会社へ行きましたが...このときのペタ君が最後の姿でした

会社から戻るとまっさきにペタ君の元へ
ペタ君は息継ぎしやすい、いつもの寝場所にいました
ホッとしたものの、エラが動いていないのが気がかりで、試しにスポイトでとった水をかけてみました
...ぴくりともしません
ひょっとしたら気づいているけど反応が遅れているだけかもしれない!
もう1度かけてみました。その後も何度も何度も水をかけてみました
でもやっぱりペタ君は反応してくれません

覚悟していたとはいえ、心の中にぽっかりと穴が空いたような感じがしました
もうすぐペタ君が私の元にやってきて1年を迎えようとしていたのに...
思えば、ホムセンのベタ売り場でペタ君と出会ってから1年を迎えた頃の別れとなりました
ちょうど1年でいさぎよく逝ってしまうなんて、猪突猛進ベタでもあったペタ君らしいかな?とも思えます

数日を経た今もまだ、ペタ君のいない水槽に違和感を感じたままです
いつかは慣れるのでしょうか?

最後に、元気な頃のペタ君の動画をご覧ください↓



ペタ君への追悼クリック↓がいただけたら幸いです
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
TREview
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by: Sally | トラベタのペタ君 | 09:31 | comments(4) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
TREview
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by: スポンサードリンク | - | 09:31 | - | - |
コメント
 
2009/03/17 12:45 AM
Posted by: robin
こんばんは。

そうでしたか・・・

僕も含めたくさんの方が癒されました。

ただ、ベタの平均寿命は1〜2年といわれてる中でとても長生きしたのではないでしょうか。

この記事を読み、改めて命の尊さを感じました。

我が家のように数がたくさんいるとどうしても忘れてしまいがちです。


コンテストを目指す以上殺生はさけれませんが心の片隅にはいつも罪悪感があります。

少し暗くなってしまいましたが、ひれひれ君、メタ君がいますのでこれからも明るいsallyさんで頑張って育ててあげてくださいませ。

それにしても、ほんと綺麗なベタでした!!
2009/03/17 11:56 AM
Posted by: Sally
>robinさん
こんにちは。
コメントありがとうございます

残念ながらペタ君が逝ってしまいました
ベタが短命な魚だということはわかってはいましたが、やっぱりもっと...せめて春になるまでは側にいてほしかったです

私のように完全なペット飼いであっても、自分の都合で小さな命を手元においておくことに罪悪感は感じ続けてます
たくさん飼っているrobinさんにも葛藤があることでしょうね

幸い、四苦八苦させられながらも2匹のベタsがいてくれますのでいつまでも沈んでもいられません
徐々に浮上していきたいと思っています
2009/03/22 4:44 PM
Posted by: 11歳
ペタ君。ありがとう。どんなに小さな命でも毎日一緒にいると悲しいものです。。。                           ひれひれ君、メタ君でこれからも 頑張ってください。
2009/03/23 7:39 PM
Posted by: Sally
>11歳さん
初めまして。コメントありがとうございます

そうですね
こんな小さな魚がいつの間にか大きな存在となっていました
今でもまだ寂しいですが、ひれひれ君、メタ君が元気ですのでお世話を続けていきたいと思います









トラックバック
 
http://honobonomura.jugem.jp/trackback/288
 
2009/03/18 2:37 AM
Posted by: 初めて!ベタの飼育
飼育ベタ
ベタの飼育ベタを飼育したくなるのは、やはりその美しさにあるのではないでしょうか、まるでグラスのなかの宝石のようです。英国のチャーチル首相も飼育していたという話しがあるほどです。ベタの飼育は、他の熱帯魚や金魚などより比較的簡単に飼育できます。繁殖させる